【シーズンオフ間近】コートをクリーニングに出さずに収納すると起こりうる問題とクリーニングに出す際の注意点

画像

一度しか着なかったコートでも、パッと見では全然分からない汚れが付着しています。

 

雨や雪が降っていたなら尚の事です。

 

しまう時には全然汚れていないように見えるコートですが、実は、肉眼では分からない程度の汚れが付着しています。

 

それを何もせずそのまま収納すると、季節が巡る頃には汚れが表面に浮き出てきて、その汚れを媒介に菌が発生し、最悪シミになる事になりかねません。

 

さらに、コートを着て外出すると、虫や虫の卵が付着している可能性がおおいにありえます。

 

それも何もせずそのままクローゼットに仕舞ってしまえば、虫や虫の卵が孵り、コートはおろか、他の衣類にまで虫が付着して穴が開いていたなんていう事態にもなりかねません。

 

さらにさらに、カビなんかも衣類にとっては大敵です。

 

こちらも、汚れ同様シミになりかねませんし、なによりカビ独特の異臭を放つコートになりかねません。

 

臭いと言えば、満員電車などで少し汗ばんだ時に出た汗の臭いもコートは吸収しているのです。

 

それが1年も持ち越せば強い嫌な臭いを発するようになってしまいます。

 

給料を叩いて購入したコート、思い出の詰まったコートをなるべく長持ちさせるには忙しくても毎日のお手入れを欠かさない事が何よりも効果的です。

 

まず、一番簡単な方法だと、脱いだ後コートをブラッシングする事です。

 

付着したほこりやカビ、虫や虫の卵もブラッシングで落とす事が出来ますし、コートの毛並みを整える事で毛玉が出来るのを防いでコートを綺麗なままで長持ちさせる事が出来ます。

 

では、どんなブラシが良いかと言うと、静電気が起こりにくい天然獣毛のブラシがお勧めです。

 

1本のお値段ははりますが、カシミヤ用の馬毛ブラシがどんな種類の洋服にも使えるので使い回しもできますから、むしろこれ1本あれば十分と言えるでしょう。

 

ハンガーは肩の部分の幅が広く取られているものを選ぶ事で肩崩れを防ぎます。

 

着た後は即効クローゼットにしまうのではなく、1日風通しをした後しまう事で、カビの予防になります。

 

最も、洗濯すれば一番良いのですが、コートの種類や、手間を考えるとなかなか出来るものではありません。

 

なら、クリーニングに出すと言う手も考えうるのですが、仕事に家事に育児にと急がしい毎日を送る日々に暇と言う言葉はありません。

 

そんな時はインターネットで24時間受け付けている宅配クリーニングサービスを利用することも一考でしょう。

 

自宅にクリーニングする衣類を取に来てもらい、さらに配達もしてくれる上に、シーズンオフで着ないものは保管もしてくれてクローゼットを占領しないと言うサービスが存在しているのです。

 

ネットでクリーニングと言えばクリーニング屋が持ってくるカート一個分と言う認識もある事と思いますが、サービスによっては1着からでもOKと言うサービスも用意されていますので安心してコート1着でも申し込む事ができます。

 

クリーニング屋が暇な時期であれば最短2日で届けてくれる事もありますし、日曜日でも宅配しに着てくれるので確実に受け取る事も可能です。

 

染み抜きなどのコース選択も可能ですから安心して任せる事ができます。

 

また、ネット申し込みもそうですが、自分でクリーニング店に持って行く場合にも注意すべき事があります。

 

クリーニングに出しに行くのに慌てて衣類を詰め込んで持って行き、カウンターで広げてコースも適当になんてすると、別の問題が発生してしまいます。

 

実はクリーニングと染み抜きは全く違うコースなので、コートをクリーニングに出したのにシミがついたまま戻ってきたと言う事はよくあることなのだそうです。

 

そうならないためにも、一度コートを入念にチェックし、特に襟まわりや袖口、脇の部分なんかは汗シミができやすいポイントとなっていますので、クリーニングに持って行く前にきちんとチェックしておきましょう。

 

また、ポケットにものが入っていないかを確認する事は勿論、ボタンが取れ掛けている、ほつれているなどの損傷の有る部分についてもチェックし、カウンターにて明確に告げられるようにしておくと尚良しです。

 

では、年に何回コートをクリーニングに出すか、ですが、それはシーズンオフと中間で一度クリーニングに出す事をお勧めいたします。

 

コートはクリーニングの中でも結構お値段のはるものですし、そもそもそんな何着も持っていないという方もいらっしゃる事と思います。

 

しかし、コートが活躍する冬と言う季節はクリーニング屋にとって1年で最も暇な時期だと言われており、急ぎで出せば休日の間に戻ってくると言う事も可能な時期と言えるのです。

 

コートと言うものは余程入念なケアを行わない限り、先ほど申し上げた通り、襟回りなどの汗をかき易い部分の汚れが蓄積し、ワンシーズン終わる頃には落ちにくいシミとなってしまう事が多いのです。

 

なので、シーズンオフの時期に出すだけではなく、中間で一度クリーニングに出す事を推奨いたします。