キルティングコートをクリーニングに出す頻度ってどのくらい?

画像

家庭では洗濯できない表示のついた衣類はたくさんあります。恐らく多くのキルティングコートにもそのような表示がついていることでしょう。このコートの表見はナイロン素材でできているのが一般的です。ナイロンは非常に丈夫であるために、この素材でできている衣類の多くは洗っても破れたり、型崩れしたりすることは滅多にありません。そのようなことを考えると、キルティングコートはかなり頻繁にクリーニングに出しても問題ないと感じるかもしれません。しかし実際のところ、キルティングコートをクリーニングに出す回数は少なければ少ないほど良いとされています。

 

その理由は中綿にあります。キルティングコートの特徴は寒さをしのぐための中綿が表地と裏地の間に入っていることです。そしてこのコートの形はナイロンでできている表地というよりも、むしろ中綿にかかっているといっても過言ではありません。中綿はどんなに気をつけていても、水分が染み込むことで移動したり縮んだりします。そのためクリーニングに出した後は少なからずともキルティングコートの形に変化が生じてしまうのです。もちろん中綿の素材によっても、縮み方は異なります。天然素材のものは比較的よく水分を吸収するために、移動や縮みが多く見られます。それとは対照的にナイロン素材の綿などは水をはじき、その上すぐに乾くために中綿の移動が少なくて済みます。

 

しかし多くの場合、クリーニングに出すような高価なキルティングのコートには、天然素材の中綿が使用されています。そのため常にきれいな状態を保ちたいからといって、そのようなコートを頻繁にクリーニングに出してしまうと型崩れが生じてしまうのです。しかし緊急なクリーニングが必要となるケースもあります。例えば自分ではどうにもできないような染みや汚れがついてしまうようなケースです。そのような場合はすぐにクリーニング店へコートを持って行くべきです。

 

こうした緊急事態が生じない限り、キルティングコートは1年に1回のクリーニングがふさわしいとされています。この頻度でクリーニングに出すならば型崩れを最小限に抑え、尚且つコートをきれいに保つことができるのです。とにかくクリーニングに出す頻度を減らすためには、なるべくコートを汚さないように大切に着用するべきです。コートは常に外気にさらされるアイテムですので、そのようなことは容易ではないかもしれません。しかし不必要に人混みのある場所に赴いたり、コートの上に食べ物を落とさないようにするなど、ちょっとしたことを心がけるだけでもコートを汚れから守ることができます。そのためこうした点には注意するべきです。

 

またキルティングのコートの中綿には虫がつきやすく、それらによって中綿が減ってしまったり、コートに穴が開いてしまうことがあります。これはキルティングコートを保管するうえでの最も注意するべき点です。このような虫は汗や汚れの臭いを嗅ぎつけ、コートの内部に侵入します。そしてシーズンオフになるとコートは長い間クローゼットの中で眠ることになります。このような状況は虫を活発化させ、中綿やコートの表面にダメージを加えていくのです。

 

こうした状況を回避するためには、クローゼットに長期間補完する前にキルティングコートをきれいにし、汗やホコリを除き去る必要があるのです。そのためこのタイプのコートはシーズンオフに入る前にクリーニングに出すのがベストです。コートは寒さしのぎのために着用される外衣です。しかしキルティングコートの場合は薄手のものも多々販売されており、シーズンオフが春先だけであるとは限りません。そのため「何月頃がクリーニングの出し時」という時期はなく、着用しなくなったらクリーニングに出し、次のシーズンを迎えるまでクローゼットで大切に保管するというスタンスを取るのが一般的です。

 

また汗染みは長期間放置すると嫌な臭いを放つようになり、その臭いがコートから落ちなくなることもあります。そのため頻繁に着用するキルティングコートの場合、汗染みなどの汚れがひどいと感じたなら少し早めにシーズン終了を迎えるようにし、クリーニングに出して保管するのもコートを長持ちさせるコツの一つです。またシーズンが始まる前にもう一度クリーニングに出し、爽やかな気分でキルティングコートを着用したいと感じる人もおられます。しかし先にも述べたように、クリーニングのし過ぎはキルティングコートの型崩れを招きますので、そのような仕方でのクリーニングは避けた方が無難です。

 

その代わりにシーズンオフ中のコートをしっかりと保管することで、次のシーズンを迎えたときに爽やかに着こなすことができます。クローゼットの湿気を除き、コートをハンガーにかけておけば問題ありません。これまで考えてきたようにキルティングコートには中綿が入っているために、たたんでしまうと中綿に変な癖がついてしまいます。そのためハンガーにかけて形を整えて保管することがお勧めです。