ダッフルコートをクリーニングに出す際の注意点や料金について

画像

冬のコートをクリーニングに出すといってもついつい忘れてしまうのではないでしょうか。コートは毎日着るものであっても夏のように汗がつくわけではないので洗濯するのを後回しにしていまいがちですよね。そして、コートの中でもダッフルコートは止め具が独特なものが多いのでクリーニングが難しくさらに後回しになってしまいがちです。では、ダッフルコートをクリーニングに出す上で知っておいたほうが良い事を紹介します。

 

まず、何故ダッフルコートのクリーニングが難しいといわれているかというと、色々な素材が組み合わさっていてそれぞれの素材に合わせて洗い方を変えなければいけないからです。特に止め具がやっかいで止め具には水牛の骨や貝、木、プラスチックなどが使われており、何が使われているかはそのコートによります。また、止め具にかける紐や紐を留めるループ留め部分にも麻や革など様々なものが使われています。この留め具がとてもやっかいでやり方を間違えてしまうと破壊などのトラブルになり、せっかくクリーニングに出したのに、壊れて返ってくるという事になりかねません。そのため、クリーニングに出すときに店員さんに保護材をお願いするように前もって言う必要があります。特にしばらくクリーニングに出していないコートや長い間着ているコートは劣化している可能性が高いので壊れやすくトラブルが起こる事が多いです。

 

そして、気になるダッフルコートのクリーニング料金はだいたい1200円〜2,000円くらいでそのお店によって若干ちがいます。また、グローバーオールなど10万円前後するダッフルコートはローヤルやデラックスなどと呼ばれる特別仕上げでお願いすると間違いがありません。もちろん特別仕上げになるとお金がさらにかかり、だいたい2,500円〜3,500円くらいになりますが、高くても必ずお願いするようにしてください。また、ダッフルコートは普通のコートよりも少し特別で紐やループ留めなど、革素材が含まれているものはオプションとして数百円別料金がかかる場合があるので前もって確認しておくと良いでしょう。革の痛みを避けるために通常のクリーニングとは方法が違うのでクリーニング料金が余分にかかるというわけです。そしてさらにダッフルコートにフードがついているものはさらに追加料金が発生します。フェイクファーであれば500円〜1,000円、リアルファーなら付きフードは3,000円かかる事がおおいようです。

 

では、ダッフルコートはどれくらいの頻度でクリーニングに出せば良いかを紹介します。コートは汗がつくわけではないのであまり汚れないと思われがちですが、毎日着ている場合は特にかなり汚れがついています。そのため、年に1度はシーズンが終わる頃になったらクリーニングに出すのが望ましいです。ダッフルコートでクリーニングに出してトラブルを防ぐためにはダッフルコートを頻繁に着ないというのも一つの方法です。毎日ではなくて週に1度や大事な時にだけ着るというのもありですね。着れば着るほど劣化していきとめ具の部分も悪くなってしまうので、着る頻度を下げるのも劣化しない方法です。

 

また、日ごろお手入れをするのもクリーニングに出す頻度を下げる方法です。そのお手入れ方法は家に帰ってコートを脱いだら「ブラッシング」するということです。ハンガーにかけたコートをブラシを垂直にあてまっすぐ下に向けてブラッシングします。たったこれだけの手間で大事なダッフルコートが長持ちするので使った日は必ずおこなうようにしてください。その際に力を入れすぎないようにすることでコートを痛むのを避けることが出来ます。また、脇の下ややりにくい部分もしっかりとブラッシングするようにしてください。そうすることで毛玉の発生を防ぐことが出来ます。数分あれば出来る事なので1日着た日は必ず手入れをしてください。そうすればある程度キレイになり、クリーニングの頻度を少なくすることが可能ですよ。

 

このようにダッフルコートをクリーニングに出すときの注意点と料金と頻度を紹介しました。コートは様々な種類がありますが、その中でもダッフルコートが一番クリーニングするのに大変という事が分かったと思います。もちろんダッフルコートはとてもおしゃれで可愛いので是非、着て欲しいコートなのですが、上記で紹介したような点に気をつけてクリーニングに出した方が良いでしょう。そうすれば出来る限り破損などのトラブルを避けることが出来ます。ダッフルコートでも高いものは5万円〜10万円くらいはします。せっかくのお気に入りのコートをクリーニングにだしたことによって破損したり、痛んだりさせたくないですよね。普通のクリーニングよりも少しお金がかかったとしても、痛まないようにクリーニングをする際は店員さんの方に声をかけると確実でしょう。以上のことにきをつけてクリーニングをしてくださいね。