皮製のコートをクリーニングに出す際の注意点

画像

私は春先に、毎年コートをクリーニングに出します。冬の間、長いこと使用しており、その間はクリーニングに出すことがありません。そのため、春先にクリーニングに出すのですが、あまり費用のことを気にせず最大限きれいにしてもらえるようすべてのオプションを付けるようにしております。

 

コートの場合、生地でできている部分と皮でできている部分やこしまわりや両手首のに巻くバンド(サイズを変更できるベルト的なもの)などがついているものがあります。こういったコートをクリーニングに出す場合、必ず、言われることがあります。まず、皮がついているものに関しては生地と一緒にクリーニングできませんといわれることがあります。つまり、生地はクリーニングできますが、皮のクリーニングは扱っていないお店が多いということです。その場合は、皮の部分が取り外せるなら取り外した状態で持ち帰るしかありません。仮に皮の部分を取り外すことができない場合は、皮をもクリーニングできるお店を探さないといけなくなります。また、こしまわりや両手首のに巻くバンドがついているコートに関しては、取り外した上でクリーニングをしてもらうことになるのですが、別料金になることに注意してください(例えば、こしまわりのベルトと両手首のバンドがある場合、500円×3と別料金がかかるなど)。つまり、コートをクリーニングに出す場合、コートの構成によって金額や最悪の場合、そのお店では取り扱えないことがあるということです。私も最初はそのことを知らずにクリーニング屋に持っていき、対応してもらえず、しぶしぶ持って帰ったことがあります。しかし、最低でも1年に1回はクリーニングに出したく、他を探すしかありませんでした。しかし、どのクリーニング屋さんでも同じように断られ、なかなか対応可能なクリーニング屋さんを見つけることができなかったのを憶えております。

 

だからといって、皮部分があるコートを自分で洗濯することはできません。まず洗い方も分からないし、そもそもコートが痛む可能性があるからです。

 

そこで、私は友人などにどうしているか聞くこととしました。同じような素材のコートを持っているだろうし、どこでクリーニングに出しているのかなど情報を持っていると考えたからです。すると友人から何気に皮専門のクリーニング屋さんに出せばいいのではといわれました。私は目からうろこが落ちる感覚でした。確かに、皮専門のクリーニング屋さんなら、皮の部分に関しては専門分野であり、仮に生地の部分があっても、対応できると思えたからです。私はクリーニング屋さんであれば何でもクリーニングできると固定概念があったのですが、そうではないといことをあらためて知り、そういった場合には専門業者に頼むべきであり、革製品は皮専門のクリーニング屋さんが一番だということを改めて知りました。

 

そこで、私は皮を専門に扱っているクリーニング屋さんを探したのですが、ここでまた壁にぶち当たってしまったのです。私の家の近所に、皮を専門としているクリーニング屋さんが見つからないのです。何店舗か行ってはみたのですが、みなさん扱っておらず、結局、隣町まで足を運び探しに行きました。しかし、要望にこたえてくれるクリーニング屋さんは見つかりませんでした。私は再度、友人にそういったお店を知らないか聞いてみました。友人から言われたことは、そんなのインターネットで探すべきだと指摘を受けました。インターネットであれば、専門店はホームページを出しているだろうし、そもそも早急にクリーニングしてもらい、早急に使用するものでもないのだから、一旦は遠くても預けて洗濯してもらうといった感覚で探せばいいのだといわれました。確かにそうです。年に1回しかクリーニングに出すことがなく、次に着るのは早くても秋の終わりごろです。そのため、近所で探すことに執着せず、対応してくれるお店が日本のどこかにあるのであれば、そこにお願いするという感覚で探せばよかったのです。またもや、目からうろこが落ちる感じでした。私はクリーニングに対する固定概念が強く、その日に出せば遅くても一週間あればクリーニングは完了するものだと決め込んでいたのです。しかし、使用する頻度やクリーニングするものの材質などを考えると、それに見合ったお店を探すことの方が大切であるということを知ったのです。当たり前のことなのですが、そこに考えが行き着くまでに、私の中でかなり時間を要しました。つまり、私は臨機応変に対応できなかったのです。そこでまず、私はインターネットで革製品のクリーニングを扱っているお店を探しました。すると、私の近所では見つけられなかったお店がいっぱい出ており、ほっとする反面、自分に少し腹も立ちました。確かに皮専門のクリーニング屋さんのため、普通のクリーニング屋さんに比べ費用は高くつくのですが、その分、きっちりと洗濯してくれます。

 

私は、値段とサービス内容を見た上で、お店を決め連絡し、まずは見積もりを取りました。金額的には問題はなかったので自分のコートをそのお店に郵送することとしました。もちろん送料は別途かかりましたが、その後、きっちりと仕上がって私の手元に帰ってきました。その後、私は年に1回のコートのクリーニングに関しては、郵送でそのお店にお願いするようにしております。